What is e-kakashi?

栽培ナビゲーション「e-kakashi」とは

「e-kakashi」は圃場で取得した環境データ(気温、相対湿度、地温、水温、土壌体積含水率、EC、日射量、CO2濃度)を見える化するだけの単なる遠隔計測器ではありません。 植物科学に基づいて、生育ステージごとに重要な生長要因・阻害要因を設定。ほ場の環境データとひも付けて、今どんなリスクがあり、どう対処すべきか、最適な生育環境へナビゲートします。 例えば水稲なら、日中平均気温が●℃を超えましたとアラートをだして高温障害のリスクを通知、さらにかけ流しにより水温を下げる対処法を教えてくれます。

e-kakashiができること

e-kakashiのセンサーノード(子機)をほ場に設置、各種センサーを取り付けて環境を計測。1km以内*に通信用のゲートウェイ(親機)を設置してください。あとはアプリケーションにログインし、ルート(ekレシピ)を設定、すぐに栽培ナビゲーションがはじまります。 * 見通しのいい条件に限ります。

e-kakashi利用のメリット

これまで経験と勘であった暗黙知を形式知化することで、以下のメリットで生産者、その他のステークホルダーに貢献します。